宮本整形外科│品川区│西大井駅徒歩1分│手

JR西大井駅徒歩1分

03-5742-0380

〒140-0015 品川区西大井1-4-25 コアスターレ西大井第一ビル2F

ばね指

ばね指

手の指に起こる病気で、指の付け根の下の方に痛みがあったり、指が曲がったまま戻りにくくなったりします。女性に起こりやすく、仕事などで手をよく使う人に発症しやすい疾患です。原因は腱鞘炎を繰り返すことです。私たちが指を動かせるのは、腱が筋肉の動きを骨に伝えているためです。腱は腱鞘と呼ばれる鞘(さや)に包まれていますが、この腱鞘が炎症を起こして肥大すると、腱が引っ掛かってしまい、痛みを起こしたり、指がスムーズに動かなくなったりします。ばね指は全ての手の指に起こる可能性がありますが、多くは親指・薬指・中指などに起こります。症状が痛みだけであれば注射で改善を試み、それでも治らなければ手術を検討します。
当院では薬、注射などによる薬物治療を基本とし、再発を繰り返す方には、局所麻酔による「日帰り手術」も行っています。手のひらを1cmほど切る手術で、所要時間は10分程度です。

手根管症候群

手根管症候群

手には親指から薬指までの感覚を支配する正中神経が通っていますが、手関節の部分でこの神経を覆っているトンネルが手根管です。手根管症候群は、正中神経が何らかの理由で手根管に圧迫されることで起こります。症状としては手のしびれやチクチクとした痛み、そのほかに物をつかみにくくなることもあります。なかには手のひらの親指の付け根部分の丸みが減っていく場合もあります。原因は不明ですが、女性や手をよく使う人に起こりやすい傾向があります。しびれが首の神経の狭窄による場合もありますので、正確に診断し、軽度であればまずは内服薬・リハビリ・注射などで様子を見ます。
当院では薬、注射などによる薬物治療を基本とし、治りにくい方には、局所麻酔による「日帰り手術」も行っています。手のひらを2~3cmほど切る手術で、所要時間は15分程度です。

舟状骨骨折

手首の関節にある8つの手根骨の1つである舟状骨が骨折した状態で、スポーツや交通事故などで手首を手の甲側に曲げて手を強くついた時によく起こります。急性期では手首の親指側が腫れ、痛みが伴います。急性期を過ぎると一時的に症状は軽くなりますが、放置して骨折部がつかずに偽関節(骨折した骨がつかず、関節のように動くもの)になると、手首の関節の変形が進行し、手首に痛みが生じて動かしにくくなります。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

手首(手関節)の親指側にある腱鞘と、そこを通っている腱に炎症が起こった状態です。腱鞘の部分で腱の動きがスムーズさを失い、手首の親指側が痛み、腫れます。親指を広げたり、動かしたりすると、この場所に強い痛みが走ります。親指の使い過ぎによって、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、それが刺激を与えてさらに悪化する悪循環が生じているものと考えられています。

母指CM関節症

親指(母指)のつけ根の関節(CM関節)に生じた変形性関節症で、親指に力を入れる動作をすると、親指の付け根付近の手首が痛みます。進行すると膨らんできて、親指が開きにくくなります。また、親指の指先関節が曲がり、手前の関節が反った「白鳥の首変形」を来たします。CM関節は大きな動きをする関節ですので使い過ぎが生じやすく、また老化に伴って関節軟骨の摩耗が起こり、進行すると関節が腫れ、亜脱臼してきて親指が変形するのです。

ヘバーデン結節

指の第1関節が変形し、太くなったり曲がってしまう疾患です。原因は不明ですが、手をよく使う人になりやすい傾向があります。多くは40歳代以降の女性に発生します。症状としては、主に人指し指から小指にかけての第1関節が赤く腫れたり、指が曲がったりします。痛みを伴ったり、透き通った水ぶくれのようなもの(ミューカスシスト)が生じたりすることもあります。第1関節の動きも悪くなり、痛みのせいで強く握ることが困難になります。

ガングリオン

ゼリー状の物質が詰まった腫瘤です。手首や指先の関節上によくでき、軟らかいものから硬いものまであります。症状の無いことが多いのですが、時々、神経の付近にできると神経を圧迫し、しびれや痛みなどを引き起こします。このように神経圧迫により神経症状が伴うようなケースのほか、大きくなるようだったり、痛みが強かったりする場合は、治療が必要になります。