宮本整形外科│品川区│西大井駅徒歩1分│肩

JR西大井駅徒歩1分

03-5742-0380

〒140-0015 品川区西大井1-4-25 コアスターレ西大井第一ビル2F

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎(いわゆる四十肩・五十肩)は肩関節が痛み、関節の動きが悪くなって、運動制限が生じてきます。動かした際の痛みと夜中の痛みが特徴的で、時には眠れないほど痛むこともあります。肩関節周囲炎は中年以降、40代・50代に多く見られ、病態は様々です。主な原因は、関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節周囲の組織に炎症が起きることと考えられています。

肩腱板損傷

肩関節の奥のほうにある肩腱板という腱性組織に損傷が生じた状態です。腱板は棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の4つの筋肉の集まりです。肩腱板損傷は40歳以上の男性に多く、発症年齢のピークは60代です。右肩に好発することから、肩の使い過ぎが原因の一つであると推測されます。症状としては、肩の運動障害・運動痛・夜間痛があります。なかでも夜間痛のせいで「睡眠がよくとれない」という訴えをよく聞きます。

肩脱臼

肩関節周囲炎

肩脱臼とは、肩が外れた状態のことです。脱臼を起こしやすいのは、ラグビー、柔道などをしている時やスキーやスノーボードで転倒して強い外力が加わった際などです。症状としては、肩の痛みや肩を動かせない、肩の丸みがなくなる(肩にくぼみが生じる)などが挙げられます。一度脱臼すると、特に若い方では癖になって「反復性肩関節脱臼」に移行することが少なくないので、注意が必要です。